ピタパタ日和

クラフト&イラストサイト、pitter×patter(ピタパタ)のブログ。 制作記録や活動状況、そして日々のまったりなものたちを紹介。

ぞうの人形

昔から物を作るのが好きで、幼稚園の泥だんごから小学校の油粘土のケーキから、とにかくなんやかや作っていました。

今現在、土をこねて形をつくる作業をしていると、「あんたは昔から…」の流れでそんな話題が出てきます。


小学校低学年の時、多分お休みだった日に紙粘土で遊んだ時の話。



ホントは馬が作りたかったけど、あのスレンダーな足が難しいので、象を作ることにしてみた。

頭から鼻や耳を伸ばして、胴体から足を捻り出して4本足。

太くて短い足なら大丈夫。

と、思ったけど、柔らか粘土だと足がどんどん潰れてっちゃう。

ありゃりゃ。

なんとかしたくて取り出した爪楊枝。

足にブスッと刺せば何とかなるはず。

頭もこれで身体に刺せば、合体完成!


結局、台形の足をした象さんになったけど、乾いてから色も塗った灰色の象さんは、今でも実家に飾られています。

爪楊枝を芯にしていたのが、親から見ればちょっと特殊な行動だったらしく、未だに話題にのぼります。

自分でも鮮明に覚えてる粘土遊びは、他に雪だるまもありました。



今でも相変わらず、相手にしているのは土の塊。

やってる事はほとんど一緒だなぁと感慨深く、けど爪楊枝を使わずに細い足を付けれるようになっていたりして、やっぱりちょっと感慨深くなる。

そんなふとした作業の隙間。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/22(土) 22:49:25|
  2. ピタさんの徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ちょっと東へ | ホーム | 春の使者>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aspitpat.blog.fc2.com/tb.php/276-609b342b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)